大阪高収入男子アルバイト 男バイト

大阪の高収入男子アルバイト『男バイト』のイメージ画像

体験入店可能な『キャバクラ黒服』

キャバクラで働くボーイ・ホールスタッフ(以下、黒服)は、殆どのお店で“体験入店”を実施しています。
どういう仕事をするのか、このお店で(この業界で)働けそうか、などを見極めるのに最適な体験入店制度のシステムや注意点を解説。
更にオススメの黒服バイトも紹介します。

黒服体験入店の流れ

黒服体験入店の1日の流れとは?

お店を探す → 応募する

まずは体験入店を行ってみたい!と思うお店を探して下さい。
▼体験可能な黒服求人を探す

めぼしいお店を見つけたら、求人担当者へ電話かメール(又はLINE)でアポを取ります。
体験入店をやってみたいという事を必ず伝え、日時を決めましょう。
※体験時や面接時に必要なモノも聞きましょう。

体験当日 → 面接

殆どのお店で、体験入店当日に面接をします。
面接の内容は他の一般業種のアルバイトと同じような感じで、履歴書を持参し、志望動機や将来の夢など聞かれた事に答えます。
面接の担当者は、意欲や身だしなみ、特に接客業なので清潔感があるかを見ています。

お店によっては面接と体験入店を別日に行うパターンもあります。
その場合は先に面接を行い、合否によって体験を行えるかが決まります。

体験入店開始

いよいよ体験入店がスタート。
とはいっても、始めから難しい業務内容は指示されないのでご安心下さい。

最初は店内清掃など、誰でも出来る雑務ついてを学びます。
その後、先輩スタッフの後ろについてホール業務についてのレクチャーを受け、お客様に提供するドリンクを作ったり、配膳を行ったりという事を体験します。
※お客様の案内業務や会計業務、キャバ嬢の管理業務などは行いません。

体験入店終了

予定の時間になれば体験入店は終了。
体験後は働いた分の日当(給与)が貰えます。
業務内容を担当者と振り返って、感想や反省点などを軽く打ち合わせた後、このお店で働くかどうかを決めます。
※即決できなければ一旦持ち帰って「後日連絡します」という事を伝えましょう。

黒服体験入店の注意点

黒服体験入店の注意点とは?

■合わなかったら断っても良い?

当然OKです。
無理に働く必要はありません。
体験入店は“そのお店で働けるか?”を体験する機会で、決定権は自分(応募者)にあります。
前述のように、その場で断りづらかったら後日連絡する事を伝え、一旦お店から出ましょう。

■体験時間や日数について

体験時間はお店によってまちまち。
短くて3時間程度、長くて6時間程度行います。

日数は基本的に1日限定ですが、数日間〜1週間行うお店もあるので、時間と合わせてお店に確認しましょう。

■体験日当について

体験入店後はその日の給料(日当)が貰えます。
基本的には働いた時間分の時給が貰え、例えば時給1,500円のお店で3時間体験入店を行えば4,500円が支給されます。
支給は日払いで現金の手渡しの場合が殆ど。
黒服の体験できて、ちょっとしたお小遣いも貰える、という感覚ですね。

■体験時の服装について

黒服は勤務中にスーツを着用します。
体験時はスーツを持参しましょう。
スーツを持っていなくても、大半のお店で貸スーツを行っているので、体験当日までにお店に確認して下さい。

■正式採用された後の仕事内容

体験入店で行う清掃、片付け、お酒作り、配膳、などに加え、接客、場内監視、キャバ嬢の管理などを行います。

詳しくは下記のコラムを参考にして下さい。
⇒ボーイ・ホールスタッフのバイト内容とは?

■キャバクラとセクキャバの違い

セクキャバは正式名称を「セクシーキャバクラ」といい、従来のキャバクラのサービスに加え、キャバ嬢の生おっぱいが拝めたり揉めたり、ショータイムがあったりするお店を指します。
「おっぱいパブ(おっパブ)」「ツーショットキャバクラ(ツーキャバ)」という呼ばれ方もします。

業務内容的にはキャバクラとほぼ一緒ですが、前述のショータイム時にマイクパフォーマンスを行ったり、場内の監視をより厳しく行うなどの違いがあり、キャバクラよりも若干給与が高いという特徴があります。

体験可能なオススメ黒服バイト求人

セクキャバ店への体験入店を希望される方は、店舗情報“どんな職場?”をご参照下さい。

和風ぱみゅぱみゅ

キャバクラ

その他

>> 詳細や応募はコチラへ

CLUB NEPTUNE
おまちどう
華門

キャバクラ

その他

>> 詳細や応募はコチラへ

2キャバ大阪グループ

キャバクラ

その他

>> 詳細や応募はコチラへ